FC2ブログ

閑雲家狢

ゲーム好きがあれやこれやをのんびり書いていくブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

STAY MOON・イベント紹介&シナリオ感想

STAY MOON

7周年記念イベント

「STAY MOON」 が開催されました。

3/4時点の敵は闇属性で、 有利。

3/10以降に追加された敵は光属性で 有利。

ネタバレ注意。

スポンサーリンク

新しいノートPCを買うなら必見 ! Core i7搭載で高コスパの Razer Blade Stealth! 千年戦争アイギス オンラインゲーム 御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

シナリオ感想


続き物シナリオ 「組織」 イベントの完結編。

私の中では 関連イベントが出る度に面白くなり、
前作 「Spaghetti Syndrome」 の衝撃のラストや、
周年記念というのもあって 今作のハードルは非常に上がっていました。

が、そのハードルを見事に…(一応)超えてきてくれました(3/16現在)。


Process:Booting UP


タイトル通り、イベント全体のストーリーが起動し、
グレイスとの因縁が決着しました。

「敵」 との決着はなされず、
まだ何かしらありそうな感じがあったりなかったり。

幽世とも絡ませてきて、
メインストーリーとの繋がりを強めてきた感もします。

グレイスは個人的にとても、とてつもなく嫌いなキャラクターですが、
非常に魅力的なキャラクターでありました。

純粋に世界平和を目指し、
純粋に正義をなそうとし、
最後の瞬間まで空の世界の為に動いており、
その人生はとても充実して幸せであったと思います。

…私の価値観に照らすと、吐き気を催す邪悪に見えますが。

決着をレンスがなしたのが意外でした。

穿った見方をすればプレイヤブルの為の演出?

イベント登場機会が多く、地味に人気もあるため、
追加シナリオの行方次第では本当に実装されるかも。

反面、実装濃厚なファラ&ユーリは特に目立たず、
グウィンとヨダ爺達を結びつけたり、
イルザ隊等のMOBや主人公より動かしやすいポジションとして、
潤滑なシナリオ回しに必要だったと思いますが、
地味だったのは否めない、追加シナリオに期待したい…けど無理だろうなぁ。




イベント全体のシナリオ、
核になる組織&アイザックに関しては、
「起動」 に相応しく 期待が高まる程度にとどめています。

新衣装で別Ver.がまた実装しそうなゼタ&バザラガ、
ようやく復活しそうなエムブラスクを持つベアトリクス、
そして予告で大きく取り扱われて 覚醒フラグを建てたユーステス。

グウィンはまだまだ自己紹介程度、
フェイトエピソードで言うと加入フェイトが終ったくらい。

イルザのみ このシナリオで山を迎えた感じですが、
戦隊もので追加戦士枠とか一時戦闘要員化した司令枠なので、
さもありなん。

ただ、二バスについてあまり語られていないので、
もう一山来るかもしれない。

アイザックは未だ真意は読めず、
というよりどちらにも見える。

彼のルーツのどの部分に従うのか。

追加シナリオに期待です。


Process:Loading System


アイザックさんオンステージ、中の人の演技が光る。

個人的にもうちょっと引っ張るかと思った。

彼のルーツであるご先祖様、
月の民としてか空に移住してからのものか、
どちらを選ぶかと思いましたが、
前作 「Spaghetti Syndrome」 での彼のままでした。

今作で彼のやってきたことに思うところがある方もいるかもしれません。

が、私の中では彼らしく感じ、非難するつもりはありません。

全て上手くいく案は浮かばず、
自身のできる最善を尽くし、
その行動に強い後悔を感じつつも、
たった1人を救うために己の命をも懸ける。

合理的とは全く言えない、
とても人間的なアイザックというキャラクターは、とても好感が持てます。

グウィンとの関係もちょっと匂わせており、
エルドの幻覚がアイザックの記憶から作られたと仮定すると、
割とイベント前に予想されていたものと大差無さそうである。

ω3の2人は割とあっさり退場、
能力と戦力からすればこうでもしないと逆に納得できないかも。

逆にデアンは仲間フラグっぽいものがあったり、
もしかしてプレイヤブル化する可能性も無きにしも非ず。

ただ、ボス用の立ち絵があったので戦うのは確定でしょう。




シナリオ内容は…、
よくもまぁ、3話にこれほど詰め込んだなと驚愕するほど濃い。

結末や伏線回収なんかは 追加シナリオにぶん投げられるとしても、
月関係とアイザック関係の情報を可能な限り公開し、
展開の波を作っているのはお見事としか言えません。

また、イベントでは空気になりがちな主人公に、
活躍の機会を用意しているのは個人的にポイント高い。

オチのカシウスについては分かりやすかったです、
新衣装着せといて通常Ver.に戻っているとか、
特定の記憶のみ繰り返している描写とか。

あえて分かりやすくしたことで、
ネタ晴らしするまでの緊張感と、
これからの展開に希望を持たせた…のかもしれない。

しかし、クローン君はどう始末をつけるんだろ。

ありがちな展開は思いつきますが、
できれば某ハピエン厨も納得できる展開を見たいです。


Process:System Ready


ラストに向けて 箸休め回かな…と思っていたら、
予想を覆す展開と期待通りの展開を迎えて飽きさせない。

ていうか旧式の機械と新型の液体金属(厳密に言うと違うけど)機械との戦いって、
ターミネーター2じゃん!

予想を超えてきたのはセスラカの強化とグウィンの正体。

半分になった機神と合体的な展開になるかな、とは思っていましたが、
まさかそこにアルベスとエムブラスクもプラスされるとは。

そしてグウィンの正体がアイザックの妹。

詳細は全く語られませんでしたが 妹だったのは予想外。

そりゃ先祖が月の人だとしても普通に両親いるんだから、
兄妹いてもおかしくないか。

期待通りだったのはヤシマの復活、
なんかtipsにいたしね。

月に残りましたが、果たして今後の出番&プレイヤブル化はあるのか。

残る展開は空気気味だったユーステスを筆頭に契約者達の活躍。

これまでの組織イベントは後半に行くにつれて盛り上がっていたため、
期待できそうです。

スッキリとしたハッピーエンドを迎えることが出来るのか、
グウィンにも見せ場は来るのか。

楽しみです。


Process:Over Boost


これまでの話は 説明が多い部分があったけれど、
それなりにテンポよく進んでいましたが、
最後に追加されたこのシナリオは微妙にテンポが悪い印象を受けました。

また、期間が開いたせいか、
ここまでの盛り上がりに比べて不完全燃焼な部分が目立ちます。

グウィンは結局何の活躍もないまま、
デアンもフラグっぽいものが建っただけで普通にフェードアウト、
ヨダ爺関係の人間は殆ど登場せず、
ラスボスのディアスポラすら特にヤバい描写も無く撃破される始末。

まぁ、一部しょうがない部分もあるでしょうが、
ここまでが良かっただけに残念です。




反面、組織組の4人の描写は濃いのなんの。

ユーステスは予告やPVで抱いた期待を裏切らない、
王道ですが良いキャラの深掘りがされていました。

アイザックと同様、中の人の演技が光る。

ただ、それ以外のキャラに描写を時間を割き過ぎな気もします。

正直イベント登場機会が多く、
別Ver.も多く実装され、イベントで中心人物にもなった事がある、
ゼタ、バザラガ、ベアトリクスの3人は、
ここまで濃い描写をしなくてもいいんじゃないかな、と私の感想ですが。

私の中では、イルザ教官が今回ちょうどいい塩梅だと思っています。

それ以外に関しては普通に良かったです。

良くも悪くも、周年記念イベントらしい終わり方でした。


イベント報酬


SSR武器&召喚石


SSR武器は、「ルナ・ベアラー」。

ルナ・ベアラー性能

闇属性の杖、
第2スキルが珍しい形式のもの…。

ただそれだけの普通のイベント武器。

確立で、しかもランダムな時点で使いにくい。



SSR召喚石は、「月に降り立ちし三機神」。

月に降り立ちし三機神性能

間接的にですが、遂に主人公が召喚石に。

武器と違ってこちらはイベント石としては優秀。

無料ガチャで強力な闇属性石が当たらなかった新米騎空士には、
それなりに使える性能。


レリックバスター・使用感想


レリックバスター取得

このイベントのトレジャーで、
ほぼ無条件でクラスチェンジできる上位ジョブ。

1アビや英雄武器で付与される独自要素の 「マシンセル」、
これをやりくりするジョブです。

マシンセル関係無く、
ジョブの特性で敵対心が高く 防御が低いので、
そのままだと打たれ弱いです。

ただ、マシンセルが2以上あると被ダメ無効(1回)があるため、
疑似的な回避盾として運用できます。

どちらかと言えば英雄武器装備で真価を発揮するタイプ。

・リミットアビリティ
ブリッツレイドはマシンセルがある限り、
ターン経過無しで通常攻撃を実行する事が可能。

使用間隔が0ターンになっているため、フルオートでは使わない。

奥義でマシンセルが回復する剣の英雄武器と相性が良い。



タクティカル・シールドは防御系バフ付きのマウント、
マシンセル消費が無いので とりあえずセットしとくやつ。



リミットバーストは使用時のマシンセルの数で奥義ゲージ上昇、
5で100%上昇、メカニックポンバと同様のムーブが可能。

正直銃の英雄武器専用のアビリティだと思ってる。



英雄武器無しだとマシンセルの消費が激しくて、
戦闘が長引くほど打たれ弱さが気になってくる。

タクティカル・シールド以外のアビリティを使わないかも。

ただ、通常攻撃の与ダメが高い特性と、
被ダメ無効を上手く使えば 面白い性能をしていると思います。


イベント加入キャラ


SSRカシウス加入

予想されていましたが、
カシウス君がSSRユニットで加入、おかえりなさい。


SSRカシウス奥義&アビリティ

基本性能はSR時代と大差無しのアビリティアタッカー。

ディスペルと累積攻防DOWN、奥義の与ダメ上昇と汎用性は高い。


SSRカシウスサポアビ

相手が特殊技を使用する度に2アビが即使用可能になり 奥義ゲージが上昇、
自動発動ではないので注意。

※1アビの間違いでした。

再起動プロセスは…、
背水編成が多いだろう闇属性だと邪魔になるかもしれない。


SSRカシウスLB

LBAはまだ未実装。

アビダメ上限上昇と弱体成功率上昇はあるが、
クリティカルは一つもない。

不確定要素を排除しているのはらしいと言えばらしい。

特別秀でた所はありませんが、
無難な性能なので 大体の戦闘には連れていける感じです。


最後に


十天衆の一員になった団長が、
組織の一員にもなりました。

正確には機神の契約者に、
封印武器がジョブ専用武器になるだろう、きっと。

しかしセスラカさんはコアポイ捨てされたり、
体をいいように利用されたりと 中々残念な扱いをされています。

せめて主人公の下では活躍させてあげたいものです。

シナリオで大活躍でした(3/10)。


おかえりなさい はやぶさ 2592日の宇宙航海記 [ 吉川 真 ]

価格:1,650円
(2021/2/26 22:15時点)


関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

| グランブルーファンタジー | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kanunyakaku59.blog.fc2.com/tb.php/736-6d34ceb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT