FC2ブログ

閑雲家狢

ゲーム好きがあれやこれやをのんびり書いていくブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こくう、しんしん・イベント紹介&シナリオ感想

こくう、しんしん

グラブル6周年記念イベント

「こくう、しんしん」 が開催されました。

主役()がシスなので光属性の敵で 有利です。

ネタバレ注意。


スポンサーリンク

新しいノートPCを買うなら必見 ! Core i7搭載で高コスパの Razer Blade Stealth! 千年戦争アイギス オンラインゲーム 御城プロジェクト~CASTLEDEFENCE~

シナリオ感想


登場人物の中の人がヤベー位に豪華な十天衆総出演イベント。

反面 前半のシナリオは話の規模自体はミクロで、
最終上限解放エピソードで解決しなかったカトル&エッセル、
今イベントの主役であるシスについてのエピソードです。

「十天衆」 という存在については殆ど語られず、
上記のエピソードを軸に 「十天衆の面々」 が描写されているため、
「どうして空は蒼いのか」 シリーズと比べると、
周年イベントとしてのインパクトは薄い印象を受けます。

が、十天衆にスポットを当てたイベントとして見ると、
かなり濃厚で充分描写されていると思います。



前半シナリオの前半(ややこしい)では、
十天衆と秩序の騎空団の正義の在り方が描かれます。

シエテ、ウーノ以外のメンバーは微妙ですが、
十天衆も秩序の騎空団も空の安寧を守っています。

しかし、その在り方は真逆。

ゲーム 「女神転生シリーズ」 をプレイしたことがある方は理解しやすい、
カオスとロウの構図になっています。

どちらの主張も完璧な正解ではない、難しい問題。

主人公達はどちらかと言えばカオス寄りで、
後半に登場したレイの勢力がニュートラルでしょうか。

メガテンのようにお互いの意見が違うから潰しあう、
なんて事は無いでしょうが、今後どのように着地させるか注目しています。



今シナリオで私が強く感じたのが、
「子供」 である事とそこからの成長です。

今イベントの主役のシス、
前半シナリオの主役と言える カトル&エッセル、
出番が多かったフュンフ、
そして今回のキーパーソンのムゲン。

私は彼らが全員 まだ 「子供」 だと思っています。

加えて主人公も(ゲーム内の設定では)まだ子供で、
シナリオの中で、珍しく子供っぽく拗ねています。

ここで言う 「子供」 とは、
説明が難しいですが、「生きる方法を知らないもの」、
といったニュアンスで使っています。

社交性だったり社会性だったり自己認識だったり。

知識とか力量ではなく精神性?みたいな感覚的な感じ。

フュンフは言わずもがな、
ムゲンも作中の言動と垣間見えた設定で恐らく。

カトル達は 子供達だけの状況で大人にならざるを得ず、
シエテが保護者代わりになっていたようですが、
自称しているように 「兄」 で 「大人」 としての姿を見せる事が出来たか疑問です。

シスも主人公の父が面倒を見ていた時期がありますが、
境遇と性格から歪に成長しています。

サラーサも子供っぽいですが、
人間社会に対応していないだけで、
動物的な意味で自立した立派な大人です。

私が挙げた 「子供」 なキャラの中では、
オクトーに育てられているフュンフが一番 「大人」 に近いと思います。

シスやカトル達は力を持っている(手に入れた)ために、
生活が出来てしまい、「大人」 になるのが遅れている印象を受けます。

前半シナリオではそんな彼らが 「大人」 になっていく物語、
私はそう感じました。


イベント報酬


エクストラストーリーの 「十天衆の忘れ物」 を見る事で、
未所持の十天衆かヒヒイロカネを1つ入手できます。

ストーリーで各十天衆の性格と 非常にざっくりとした性能が説明されます。

過去記事で十天衆に対する私の独断と偏見に満ちた評価をしているので、
良かったら参考にどうぞ。

十天衆を実際に使ってみた感想と評価・最終前&最終後 1~5

十天衆を実際に使ってみた感想と評価・最終前&最終後 6~10



SSR召喚石は、「空の安寧を守りし十天衆」。

空の安寧を守りし十天衆性能

周年記念石だけあってユニークかつそれなりに優秀。

加護効果は…、初心者だと使える場面があるかも。


SSR武器は、「火雷大神」。

火雷大神性能

シス君なりきり武器。

ぶっちゃけ微妙。

第2スキルで上がるのが、
攻撃力だったら使い道があったり無かったり。


最後に


予想していた展開と大分違っていましたが、
結構楽しめました。

ただ、シナリオの規模が狭いのと、
十天衆それぞれに見せ場を用意する影響で、
全体的に薄味になってしまっているのが少し残念。

後半では周年記念らしく、
分かりやすいくらいに派手な展開になるのを期待しています。

グランブルーファンタジー×ARTEMIS KINGS/十天衆ペンダント(全10種)/コラボ

価格:10,186円
(2020/2/27 00:28時点)



関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

| グランブルーファンタジー | 00:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT